シマボシホワイトエッセンスの成分効果と副作用危険度を徹底解析!

 

シマボシホワイトエッセンスの副作用について調べてみました。

 

結論から言うと、シマボシホワイトエッセンスに危険性の高い成分は使われていません!

 

ただ安全性を確認したかっただけだという人は公式サイトを、シマボシホワイトエッセンスの全成分をチェックしておきたいという人はこの記事を確認しましょう。

 

 

成分名 効果 副作用危険度
生物にとってなくてはならない存在です。
シクロペンタシロキサン さっぱりした感触を与え、伸びが良くなります。
プロパンジオール 角層の水分量を増加させます。抗菌・防腐効果もあります。
ペンチレングリコール 皮膚を柔軟にするとともに、抗菌・防腐効果も得られます。
ホホバ種子油 保湿効果が高く、肌を健康にします。
(ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリン エモリエント効果に期待できます。
ジカプリン酸ネオペンチルグリコール エモリエント作用が得られ、またさっぱり感を感じることもできます。
トリエチルヘキサノイン 肌をべたつかせることなく皮膜を形成します。
セチルPEG/PPG-10/1ジメチコン 安全性が非常に高く、成分を均一に混ぜ合わせるために使用されています。
エタノール 除菌力があり、防腐効果が得られます。
不死化ヒト歯髄幹細胞順化培養液 保湿効果があります。
加水分解ヒアルロン酸 角質層の水分量を増加させます。
加水分解コラーゲン 保湿効果、アンチエイジング効果があります。
セラミドNP 水分保持や小じわを予防するのに効果的だと言われています。
セラミドAP 水分を保持し、小じわを抑制するとともに、ターンオーバーを正常化します。
セラミドEOP 乾燥肌を改善する効果があり、老化を予防します。
フィトスフィンゴシン 皮膚バリアの主成分であり、アンチエイジング効果や抗アクネ効果があります。
ジステアルジモニウムヘクトライト 増粘剤として使用されています。
ポリヒドロキシステアリン酸 顔料を分散する効果があります。
イソステアリン酸ポリグリセリン-2 エモリエント作用と分散効果を得ることが出来ます。
ステアリン酸 洗浄効果や乳化効果に優れています。
(+/-)酸化チタン 紫外線から肌を守ります。
タルク 吸着力がよく、すべりを良くします。
マイカ 伸びや滑りをよくする目的で配合されています。
オクチルドデカノール エモリエント作用があります。
カオリン 肌への付着性が向上します。
酸化亜鉛 収れん作用や抗炎症作用があり、ます。
ジメチコン 撥水性に優れた皮膜を形成します。
オリーブ果実油 エモリエント作用や洗浄効果があります。
トコフェロール 抗酸化作用や肌荒れ防止効果があります。
含水シリカ 感触を良くします。
水酸化AI 表面処理剤として配合されています。
酸化鉄 着色料として配合されています。
トリエトキシカプリリルシラン 表面処理剤として配合されています。

 

副作用危険度:当サイトの基準で記載

 

シマボシホワイトエッセンスに使われている成分の効果と、その副作用危険度を一覧でまとめました。

 

表を見れば分かる通り、シマボシホワイトエッセンスには危険性の高い成分は使われていません!

 

合成香料・合成着色料・旧指定成分・石油系成分・パラベン・フェノキシエタノール・紫外線吸収剤などの肌に影響のある成分は全て無添加!

 

さらに、GMP認定の工場で徹底管理のもの製造されており、安全性への信頼度は非常に高いと言えるでしょう。

 

シマボシホワイトエッセンスにはヒト幹細胞エキスやヒト型セラミドなどの肌の調子を整える成分がふんだんに配合されており、肌のくすみやシミをケアする効果が期待できます。

 

シマボシホワイトエッセンスは、安全性という面でも、肌の調子を整えるという面でも、非常に優れた美白化粧品なのです。

 

安全性の高い美白化粧品を探している人は、こちらのsimaboshi公式サイトから詳細を確認してみて下さいね!